マイナス金利で考える! その1 「マイナス金利ってなに?」 

世界的な株安を受け

日本銀行は景気のテコ入れのため
マイナス金利政策を導入しました。

「金利が低くなる」ことは住宅ローンにとってなによりの好材料

住宅ローンFPが教える

「マイナス金利を生かした住宅購入の方法」をお伝えします

83a69898dbce07530b4cbc2b3fa29261_m

 

 

その1『マイナス金利って何?」

まず基本的なお話しをします。

マイナス金利とは
文字通り金利がマイナスになるということで

金利1%の場合
100万円を1年間預けると
1万円の利息がついて101万円受け取れるのですが

マイナス金利は
金利が-1%になるので

100万円あずけても
利息は-1万円となり
1年後に受け取れる金額は
1万円引かれた99万円となります。

こうすれば誰もお金を預けなくなる

日本銀行がお金を預かるのは一般の銀行

銀行は客さんからお金を預かり利息を支払い
そのお金を預かったより高い金利で
会社や個人に貸し出し

払う利息と受け取る利息の差額(利鞘)で利益を出すのが仕事

そして、預かったお金が全部貸し出しできない時に
に日本銀行に預けて利息を貰う

今回のマイナス金利は
この日本銀行が一般金融機関から預かる預金の利息に
適応されるもの

銀行は日本銀行に預けても
利息が貰えず逆にマイナスになってしまうので
どんどんお金を貸さなければならず
世の中お金が借りやすくなる

それによって、設備投資や住宅新築などが増えれば
景気が良くなる

マイナス金利にはそんな政策です。

政策的なものですので

一般の人が銀行に預金を預けても
逆に利息が取られてしまう

ということはありませんが

預金金利は低い状態になるので
いくら銀行に預けても増えないので
個人の資金が株式投資に向けられ

企業は資金が調達しやすくなり
景気の回復策となる

という一面もあります

このマイナス金利は一般の人に
どんな影響があるか

次回に続く

 

このゆびとまれ