個人信用情報 お客様が言い出せない理由

今週も「個人情報信用」ついて

お伝えします。

 

住宅ローンは

申込の住宅ローン返済額+その他の分割支払い額が

年収に対して一定の範囲内でなければ

借りることが出来ません。

 

金融機関は

その他の分割払い額については

自己申告をいただいた上で

個人信用情報センターの情報と照らし合わせて

判断をします。

 

実務的には

ご本人の申告とセンターの情報がずれていることはよくあることで

 

申告が漏れていても

月額返済の合計額が基準の範囲内なら

なんとかなるのですが

 

申告外の返済を加えると

返済比率オーバーになってしまえば

希望額を借りることは出来なくなります。

 

金融機関によっては

この辺の情報を一切開示せず

いきなり否決という回答が出てしまうケースもありますので

注意しなければなりません。

 

 

個人信用情報センターの情報に

ご本人の申告以外の情報が載っているケースは

 

1 ご本人が隠していたケース

 

2 ご本人がまったく認識していなかったケース

 

3 センター情報が間違っていたケース

 

が考えられます。

 

それぞれのケースについて解説します。

 

【ご本人が隠していたケース】

よくあるのは

ご夫婦のどちらかが相手に内緒で借り入れしているケース

 

ローンのお申し込みを受けるときに

奥さんはやる気満々なのに

なぜかご主人が乗り気ではない

 

いざ、審査を開始してみたら

申告外の借り入れが出てきて

借り入れ不可能

 

多くの場合は、ご主人が奥さんに内緒で

割賦販売や、キャッシングを使っています。

 

申込を受付した日の夜に

奥さんから電話がかかってきて

「主人が知らない分割払いがありますが

内緒にしておいてもらえませんか」と

お願いされるということも、、、

 

これらのケースの場合、

はっきり理由を伝えてしまうと

場合によってはトラブルになってしまうので

「総合的な判断で否決になりました」と伝えた上で

「何か思い当たることはないですか?」

とお聞きすることしか出来ません。

 

ここで、正直にお答えいただければ

いろいろ打つ手はあるのですが

 

プライバシーに絡むので

実はこの辺が非常に難しいところです。

 

 

 

次回は

「お客様がまったく認識していないケース」について

お伝えします。